FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(元)女の子から全国の男の子に告ぐ!

男の子は好きな女の子に意地悪をするらしぃ。
本当なのか嘘なのか自分は女の子だったので解りません。

どうなのよ!男の子っ!!!ε=(=`・´=) プンスカプン!


ジブリの「おもひでポロポロ」を見ますた。
これで3回目なんだけど、どんなストーリーだったのかと
思い出そうとしてもすぐに忘れてしまうくらいに淡々と
お話が続いてゆきます。

「ラピュタ」のようなアクションものより「魔女の宅急便」とか
「耳を澄ませば」とかが好きだから「おもひでポロポロ 」
好きなほうです。

主人公のタエ子は昭和41年当時小学校5年という事だから
今は50過ぎてますわね。おほほほほっ ^◇^;v

そのタエ子が姉の嫁ぎ先の山形に農作業のお手伝い(休暇)
に行くときに小学校5年の自分を一緒に連れていってしまうん
です。

転校生で(タエ子の言葉を借りれば)貧乏だったので嫌われて
いたアベ君と席が隣同士で、皆が嫌がっているのに彼女は
そんなそぶりを見せなかったという。

アベ君が転校してゆく事になり最後のお別れの日にクラスメート
全員と握手をする事になりました。手を差し出したタエ子は
「おまえとだけは握手をしてやんねぇ~よ」と言われて
本当の気持ちを見透かされていたのに気がつき、そんな
自分を恥じたのだそうです。

小学生の頃って感情がストレートで、嫌いなら嫌い。
意地悪もするし、自分の感情をぶつけるし。
(当たり前だけど)子供なんだよね。

タエ子は「良い子」でありたかったのか、それとも「大人」
だった(になる過程だった)のか。

その話を聞いた義理のお兄さんのまた従兄弟のトシオさんは
アベ君はタエ子のことを好きだったからそんな態度をとったの
だと言う。それを信じられないと否定するタエ子。

彼女のその言葉がひどくストレートに心に入ってきました。

小学校のとき、ある男の子に意地悪をされていました。
教室で飼っていた金魚が死んだりするとそれを背中に
入れられたり、虫を持って追い掛け回されたり。
その男の子が本当に(←強調)大嫌いでした。

中学に進学する時、学区が同じだったので同じ中学に進む
はずだったのだけれど、彼は私立の中学に進学して、あの時は
心底ホットしました。

これでクラスメートになる事もなく、いじめられることもない。

こ~して楽しい中学校生活を満喫していたのに、ある日その
男の子が転校してきたのです。まさかまたいじめられるって
事はないよね・・・・・・と戦々恐々としていたのは数日だけ。

自分は緑の髪をした少年にすっかり夢中になっていたので
彼のことは頭から消え去っていました。

卒業の文集を見て思い出したくらいですから。(^△^;

そんな思い出を大人になってから話した時にトシオさんと同じ
台詞を言葉にした人がおりまして、それを聞いた時、タエ子と
同じ言葉が口から飛びだしていました。

確かに男の子は好きな女の子をいじめることがあるらしぃ。

が、あたちの場合は例外だっ!(* ハ)エーン

彼は本当に自分のことを嫌いでいじめていたのだと思う。

あ゛~~~~っ!思い出しちゃった!

もし、ばったり出会う事があったら(ないだろうけど)胸ぐら
捕まえて、どうしていじめたのよっ!って抗議してやるぅ~~~
がるるるるるっ・・・・

そんな事を思い出しながら見た「おもひでポロポロ」

ギバちゃんがトシオさんの声をあてていたのだけれど、な~んと
なく違和感があって、それは3回見ても同じでした。

おぃ!!(;`O´)oコラー! 全国の男の子に告ぐ!

好きな女の子はいじめるなっ!
嫌いな女の子もいじめるなっ!

うらんじゃうぞぉ~~~~"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック

以上

(元)女の子からのご忠告お願いでございまつ。




スポンサーサイト



| アニメーション | 2007-10-25 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: