FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸せだとおもうこと

スクウィークを日本のドッグ ショウに出している頃
のお話でございます。

JKCに登録に当たって色々と手続きが必要なのですが、
当時の「旬」な犬舎からやってきたという事もあった
のでしょう。某審査員が自宅まで彼女を見に来られました。



彼女の体をマットと平行になるように少し持ち上げて、
ちょん!と落とします。骨格構成のしっかりした子
ならば微動だともしない着地を決めてくれます。

ウルトラCくらいかなぁ~ (^^;

はぁ~ なるほどぉ~と感心しながら品定めを眺めて
おりました。審査終了後(笑)、その方が手帳を開き
ながらこんな事をつぶやきました。

「○○が子犬を欲しいって言ってたんだよ」

そら、そら、そらぁ~ きたぞぉ~~~!(ヤバイぞぉ~)

繁殖をするつもりはありませんから 
はははっ^◇^; ←笑ってごまかせ

こんな(↑)会話をあちこちで繰り返すのにうんざりして
いた頃、その日ドッグ ショウの会場でたまたま顔を会わせた
男性にしつっこく言い寄られたので(笑)

体が小さいから(繁殖向きではないので)それはしないで
くださいとブリーダーから言われているとムッとしながら
お返事をしました。

その方は何と言われたと思いますか?

「そんなの黙っていたら解らないよ」

この一言にぶち切れそうになるのをぐっと堪えますた。
堪えますた。堪えますた。堪えますた。
そんなあたちって偉い。(^△^;

米国のブリーダーのAさんは友人のブリーダーBさんに
内緒でBさんから譲って貰ったパピヨンを日本に送って
しまいました。それが解ったのは自分が毎年ルーアンに
送っていたある犬の雑誌が発端でした。

こんな時、どうするべきか二人共十分過ぎるくらいに
理解しております。触らぬ神にたたりなし

それから数年が経過して、この事が公になって驚かされ
ました。きっかけは日本から米国に輸入された犬の血統書
でした。3代前にAさんが密かに日本に送ったあの犬の名前
が記載されていたのです。

その後についての詳細を割愛させて頂きますが、Aさんと
Bさんがそれ以降友人でなくなってしまった事だけは
確かでございます。

良い犬を繁殖する為に(例えば)別のブリーダーが所有して
いる牡を交配して貰い、生まれた子犬の何頭かをお返ししたり
とこの世界の友情というものは利害関係も少なからず絡んで
いるものだと感じております。その利害関係というのが
かなりくせ者で、故に仲良く談笑する相手がいつも同じ
人物とは限らなかったりします。

自分がブリーダーであったなら、果たしてルーアンは今でも
自分の親友であったのか。ここ数年思うのです。

自分が一人のロティキ フリーク(Loteki Freak)であり
続けた事が今幸せだと思う一番の要因ではないかと。

「日本のパピヨン史」のような本を最後に纏めてみたいと
思っていた時期がありました。ここ○年、ドッグ ショウの
世界から遠く離れた銀河系に住んでいるので、今となっては
無理でございましょう。

ただ、これだけは自分に書かせて欲しいと思います。

19○○年、米国のロティキ犬舎から1頭のアメリカ
チャンピヨンが輸入されるも、オーナーが偏屈だったので
日本で子孫を残す事はなかった。

おねげ~しますだ。(^◇^;






スポンサーサイト



| パピヨン | 2007-07-26 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: