FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

*****北京世代の君へ*****

明日は葉っぱで大宮戦でつ。午後から弱い雨だそうで、
選手の皆様にとって涼しいのはよろしいけれど、カメラ
がぁ~~~ ←それかぃ



どこかのブログでミノルとちゅんそんと祐三さんの
スリー ショットのお写真を拝ませて頂きました。
ありがたやぁ~(違)

そこに石川君とカレー君がいれば「北京世代揃い踏み」
だなぁ~ おいしぃ じゅるっ←食べ物じゃないからっ

*****北京世代の君へ*****

子犬の時にその犬質を見極めるのは至難の業
2ヶ月の時の姿が成犬に一番近いと言われたりするけれど
これがどっこいくせ者でございます。

やがてバランスを崩して(業界では「化ける」と呼ぶことも
ある)足がひょろひょろ伸びたり、胴が長くなったり、長所も
だけれど時には思わぬ欠点がでてくる時もある。でも、欠点の
ない子はいないので、選別する人はその成長を数ヶ月に渡り
見守ってゆきます。

6ヶ月くらいなると熟練したブリーダーはかなりの確率で
その子犬の将来を見極められるようになるそうです。

英国へドッグ ショウを観に通っている時にヌーボー犬舎
へ遊びに行く機会を得ました。パピヨンの審査の翌日で
マーク&マイク(男性がお二人で住んでいるので女の子が
一人で自宅に遊びにいっても安心だった 笑)がホテルで
ピック アップしてくれました。

ロンドンの中心からあまり遠くない、建て売りと思われる
ような同じ形の家が並ぶ町並みで、小さいけどお庭もあり
ました。前日クラフト展(世界3大ドッグ ショウの一つ)
でBOB(*)に輝いた British Ch(*1) Nouveau Lord of The
Ring に会えるのが楽しみで、ミーハーだから一緒に記念
撮影もさせてもらったですよ。

(*)BOB=Best or Breed その犬種の最優勝犬
(*1) Britich Ch. = Britich Champion 英国 チャンピヨン

6ヶ月くらいの時にショウ ドッグとして残すか家庭犬と
して里子に出すか随分迷ったんだよねぇ~と話すマイク。
里子に出されなくてよかったねぇ~と笑う自分。

北京世代の五人衆は生まれも血統(爆)も育った環境も
レイソルに辿り着いた過程も違っていて、良い時も
そうでない時もあったはず。そしてそれはこれからも同じ。

時に躓いたとしても、それは挫折じゃないんだよ。
君があるべき場所に近づいてゆく過程にすぎないのだから。
まっすぐ前を向いていこうね!

クラブの関係者もサポも、皆さんの成長を一喜一憂
しながら見守ってゆきます。

将来み~~んな「チャンピヨン」になってね!は~と
そしてその時は一緒に記念撮影希望  ←何か勘違い?

よろぴこ ^◇^;v

Meg
スポンサーサイト

| 柏レイソル | 2007-06-08 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: