FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肩の力を抜いて

ミシナ動物病院へ行ってきました。

約5年振りでしたので、その間の病歴を簡単に説明してから
先生の診察が始まりました。その数日前「たけしの怖い家庭の医学」
の特番で未病と呼ばれる病気の診断にお腹を触診して判断し
漢方を処方する治療法を大変興味深く見ましたが、ミシナ先生
も動物のお腹を触って判断されます。



1.病気のオンパレード(クッシング症、気管支拡張、心臓の弁
  の肥大、肝臓肥大、皮膚の状態が良くない、目の充血等)にも
  関わらず、免疫力はある。

2.肋骨のすぐ下(右)が硬いが、下腹部は問題がない。体の前
  (心臓、気管、肝臓など)に問題が集中しているからであろう。

ということで、柴胡桂枝湯を処方されました。

Kanpo


飲ませて下痢をするようならば強いので、別の漢方にしますとの
お言葉。顆粒なのでピルクラッシャーで粉にして直接口に入れて
います。彼女にあっていれば硬かった部分が柔らかくなるそうです。
今日現在体調に変化はなく元気でございます。

先生から「(病名も解って適切な治療ができているから)
これからは気持ちにゆとりを持って、美味しいものを
食べさせたり、お散歩へ行ったりと楽しく過ごさせてあげて
ください」と助言がございました。犬は人間の心理状態を
以外と敏感に受けるものです。その体験記がお世話になって
いるビック ウッドさんのHPにアップされていました。

自分は十分肩の力を抜いたつもりだったのですが、先生には
「まだまだだよ」と映ったのでしょう。
お言葉を有り難く頂戴いたします。m(__)m

2月3日に漢方が無くなるので通院しま~す。*^◇^*


スポンサーサイト



| まいにちスクスク | 2007-01-18 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: