FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思う気持ちは誰でも同じ

パピ友の愛犬に「癌」が発見されました。
ショックではありましたが、犬の場合は皮膚癌の発生率が高いので
驚きはなかったです。なんたってスクも去年の11月にやはり「癌」を
切除しましたから。


うちの子に限って・・・・ガーン!ガーン!ガーン!
な~んて冗談書いているのも再発が現在の所確認できないから
ですけど。(^^;

小さい「しこり」で半年以上も大きさが変わらず。
まさか悪性だなんて・・・ね。
でも、まれに大きさもあまり変わらず、色も綺麗な悪性もあるのだそうです。
その「まれ」なものに大当たり~~ぃだったスクウィーク。
これが宝くじだったら万々歳なんだけど。

転移の確率が50%というのは結構高い確率だと感じています。

暫くの間「癌に良いお食事」を処方して頂いて食べさせて
おりました。ハーブなどがどっちゃり入っているから牛肉も
黒々としていて、口にすると苦かったです。それを文句も言わずに
半年間食べ続けたスクは偉い。体が要求していたのかな。

食べ初めて暫くしてから背中に大きくて堅い脂肪のようなかたまり
が2つくらいできて心配しました。触るとグリグリ動くんです。
1回だけ注射針を刺していただいて病理検査に出しました。
悪性では無かった事と脇の下にできた「癌」が背中に転移する事は
ないと言われたので、暫く考えない事に。

ところがそのうち無くなってしまったのです。
綺麗に。

な~んだ「好転反応」かぁ~ やれやれ。(^^;

その後変化はありません。
お食事も「癌」から「心臓」に変更して頂きました。
こちらのお肉のほうが美味しいっすよぉ~ (笑)

小さい癌はレントゲンでも確認できないそうですが、来月で切除から
丸1年になります。人間は「5年」。犬は「1年」。 ここをクリアー
できればかなり転移の確率は低くなるはず。

今月か来月には検査します。
放射能を浴びるのは癌に逆効果の恐れもありますが、内臓への転移の
恐れを考えたらレントゲンの力を借りるしかありません。
「ポル エックス」というハーブがあって、これは放射能を体の外へ出す
力があるので1ヶ月間服用させます。
自分ができるのは、これくらい。

友人の愛犬の転移の確率はスクよりも低いようですが、何事も「絶対」
は無いので心配です。

元気で長生きできますように。
そう思う気持ちは誰も同じ。

前のブログからお引越しさせました。
       Written on Oct. 3, 2005
スポンサーサイト

| まいにちスクスク | 2005-10-30 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: