fc2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

よかったことにすれば済むこと

「幸い」とは思えないことが降りかかってきた時、もがき苦しみ、
嘆き悲しみ、涙を流し、時には自分の存在そのものを消して
しまいたいとまで思うこともあったりするかもしれません。

気持ちが全部「負」の方向に向いている時、自分を奮い立たせる
ように一つのフレーズを口にします。


「これは自分に必要な試練なのだ。必ず笑って思い出せる日が
 来る。だから、頑張れ!頑張れ!頑張って、良かったことに
 してみせろ
!さぁ、頑張れ!」

元うちの玉田選手はリーグでも代表でもゴールから遠ざかって
いたにも関わらずドイツWCの最終メンバーに選ばれました。
彼を応援する人の多くはこのまま結果を出せずに、世間からさらに
非難を浴びる事になるかもしれないと心配されたのだろうと思います。
それはごく普通の感情だと思います。
自分は思いました。

(彼自身が)彼を選んでよかったことにすれば済むこと

簡単に言うなよって、その通りです。
だからとっても心配だった。
きっと彼ならやってくれると信じていたから心配だった。
信じていなかったら心配なんてしないもん。

去年レイソルが降格してから

降格してよかったことにすれば済むこと

と思ったけれど、事の重大さと巻き込まれている人達の
人数やらなにやらを考えると大きな声では言えませんでした。

後残り2試合となった今、これまでを振り返って・・・・
どうでしょう?「よかったこと」はなかったですか?
自分は沢山見つけましたよ。(*^▽^*)

「不幸」のなかから「幸い」を見つける。
「幸せ遊び」と呼んでいます。

Always look on the bright side of life!

さぁ、最後の仕上げでございます。
これまで見つけてきた「幸い」はレイソルに関わる全ての
人達ひとりひとりの前向きな気持ちがもたらしたものです。

ピッチで戦う選手だけでなく、レイソルに関わる全ての
人達が去年の出来事を「よかったこと」にする為に。
過去の全てを肯定して、前に進みましょう。
弱気は禁物です。選手の皆さんが敏感に感じますからね!

いくぞぉ~~~ 日立台! 

紙吹雪と旗をお忘れなく!

20061126紙吹雪大作戦


最後に

私達にこの前向きな気持ちを与えてくださっているのは
選手の皆さんです。開幕当初から私たちに「奇跡」ではなく
「希望」を与え続けてくださっている選手の皆さんの頑張り
です。彼等が成し遂げようとしている事を最後までできる
ようにサポーターも頑張りましょう。

由紀彦君の山形戦後のコメントです。

『これで昇格争いが俄然面白くなってきましたね。
そう簡単には上がれると思っていなかったので、こうなった以上
楽しみたい。本当に力があるチームが、J1への切符を掴むだろう。
レイソルにはその力と資格がある。あと2試合、選手、スタッフ、
サポーターを含め、チームが一つになって力を見せるときが来た。
これからですよ。』


今こそ見せろ!柏レイソルの底力!

か・し・わ・れいそ~る!ちゅっ  ←えっ?



スポンサーサイト



[ 2006/11/25 07:00 ] 柏レイソル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

うちの子記念日
天使記念日
いくつになったの
ヒラリーは2009年4月26日丑年生まれのわんこ
プロフィール

Meg &  Am. Ch. Loteki Good For Her (aka Squeak)

Author:Meg & Am. Ch. Loteki Good For Her (aka Squeak)
パピヨンといえばアメリカ・アイオア州の「ロティキ犬舎」
アニメといえば「海のトリトン」
Jリーグといえば「柏レイソル」
でございます。
ありがとうございます。(o^∇^o)ノ

スクウィークが日本に来たのは1996年。

クッシング症(11歳の時に発病)気管支虚脱 後ろ足の麻痺
(鍼灸治療で完治)右後ろ足のパテラの脱臼 (後天的な理由)
変形性脊髄症 心臓肥大 アレルギー性皮膚炎(ハウスダストマイトに強い反応を示す)マラセチア(ホメオパシーとUMO・ケイ素で完治)右の腎臓は機能せず 肝臓にも影あり 再発率50%の悪性の癌まで切除した獣医さんもびっくり(@@;の病歴の持ち主でした。

2009年3月から西洋医学(主治医)とホリスティック(鍼灸とホメオパシー)の両輪で治療をしました。また病院へ行くストレスで後ろ足の状態が悪くなってしまう為、通院による検査と治療は主治医と相談のうえ最低限としておりました。

2011年 アメリカの独立記念日(7月4日)に虹の橋を渡って行きました。

17才、2ヶ月、23日でした。

スクウィークの【最後の奇跡の物語】はこちらからど~ぞ

http://tritonofthesea.blog31.fc2.com/blog-entry-2164.html

(ドラッグしてから検索を押していただくと記事に飛ぶと思います)

スクウィークに心から沢山のありがとうを贈ります。これからはヒラリーと歩んでゆきますので見守っていてください。
Hillary G CH
Am. G. Ch. Loteki Down The Garden Path (aka Hillary)


「一日一膳」ではなく「一日一回」有効だそうでございます。
クリックしてね は~と by Squeak@虹の橋4丁目 & Hillary@6月21日来日

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

月別アーカイブ
検索ぷらす
ブロとも申請フォーム
マウスについてくる犬の足跡


現在の閲覧者数: