FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サポーターも集中して勝ちましょう!

勝負の前は非常に緊張します。
電車や車で会場に向かう道中はそれほどでもないのだけれど
会場に着いて、段々テンションが上がって来て、審査が始まる
と、もう他の事は考えれなかったりします。話しかけられても
上の空。頭の中でグルグルと色々なことが回りだします。



自分の出番がやって来て、スクウィークと一緒に出陳番号順に
並ぶと点呼がはいります。スチュワード(審査員の補助をする
人)に左の腕につけた出陳番号を見せて前のクラスの審査が
終わるのをただひたすら待つ。

ここまでは緊張のしっぱなし。

ところがリングに入ったとたんに肝がすわるらしく平常心
というのか、緊張して喉がカラカラなのも忘れてしまう。
回りで見ているギャラリーは視界には入っているんだけど、
実際には見えていない。拍手も聞こえているんだけど、右の
耳から左へと消えてゆく。左手のリードで繋がっているスクの
様子と前の子の審査の様子を交互に見ながら自分がどのように
アピールしようかと考え始める。ない頭でただひたすら考える。
固体審査の順番が来て、テーブルに彼女を立たせ最後に指示
に従って一緒に歩く。乗馬には「人馬一体」という言葉が
あるけれど、ドッグ ショウはまさに「人犬一体」。彼女が
素晴らしい動きを見せてくれると思わず自分の顔がにちゃぁ~
とニヤケルのが解る。

凄い!凄い!最高に素敵!
勝敗なんてそっちのけ!←おぃ
嬉しくてしょうがない。
世界は二人の為に・・・

上手くいかない時だってある。
そんな時でも勝敗が決するその瞬間まで諦めない。
ただひたすら・・・・

二人の世界 (笑)

リードを通して伝わる自分の心理状態でスクの様子も微妙に
変化する。小さいお子さんを連れたお母様が例えば道に迷って
心もとない気持ちになっていると、手をつないでいる子供は
母親が言葉を発しなくても、雰囲気と繋がれいる手から敏感
に母親の気持ちを感じ取って不安そうなお顔になる。あれと
一緒。だからまず自分が集中して弱気にならない事。
これが一番大事。

山形戦のPVの時、最後の10分くらいは心臓がバクバクだった。
90分、ハーフタイムを入れれば45分と45分。集中を持続
させるのはどれだけ大変なことだろうかと想像しかできないけど
石崎監督の「集中とは考えること」というのは自分にも解ります。

日曜日の日立台。
一心同体!
サポーターも集中して勝ちましょう!

20061126紙吹雪大作戦


スポンサーサイト

| 柏レイソル | 2006-11-24 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: