FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(ランフリー)ヒラリーのレシピ

ランフリーさんから提案されたフードは2種類です。

こちらは自由が丘にもお店があるそうなのですが、聞いたところによると、

お店にはベンツがずら~~~り!(@@;

富裕層の方が利用されるようです。
我が家はバリバリの庶民ですが、ヒラリーが美味しく食べて、良いものなら
お高くはありません。

以下 ランフリーさんからの提案レシピ


Hillaryちゃんのアレルギー食材・使用したくない食材を一切使用せず、
【心機能・胃腸】に考慮して栄養価の調整と食材を厳選したレシピに
なっております。

レシピ(1)蝦夷鹿・ラム&クランベリー
レシピ(2)蝦夷鹿&ベジタブル・ベリー

(1) のレシピは高たんぱく質・低脂質な「蝦夷鹿赤身肉」と
アミノ酸・ビタミンが豊富な「ラムかた肉」を併用しております。
(2)のレシピは高たんぱく質・低脂質な「蝦夷鹿赤身肉」を単体で
使用しております。

【心機能】
お食事中の「ナトリウム」の値が高まらない様に調節し、
オメガ3系脂肪酸の豊富な「エゴマ油」、
抗酸化作用のあるβカロテン・ビタミンが豊富な「レバー・緑黄色
野菜・ベリー類・りんご・EXV.オリーブオイル・抹茶・パセリ」、
食物繊維の豊富な「さつまいも粉・ごぼう」の何れかを配合する事で
サポートしております。

【胃腸】
胃腸の負担となりやすい「脂質」の値を抑え、
消化促進をサポートする「だいこん・カリフラワー・キャベツ・ごぼう・
ウコン・りんご」、腸粘膜を保護する役割のある「ナガイモ・オクラ」、
腸内環境を整える「オリゴ糖」の何れかを配合する事でサポートしております。

尚、レシピ(1)は比較的高脂質な「ラムかた肉」と低脂質な「蝦夷鹿赤身肉」を
併用する事で、お食事中の脂質の値を抑えられる様、お作りしております。
お味に違いが出る様、極力「ラムかた肉」の配合量を増やしてお作りしておりますが、
出来る限りの調節となっております事、予めご了承頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

| まいにちヒラヒラ | 2018-10-11 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: