FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春は肝臓のケアー

春になって虫たちの活動が活発になると、ワンコも大変。


フィラリアの予防(飲み薬)

ノミダニの予防(付け薬もしくは飲み薬)

狂犬病の予防注射

混合ワクチンの接種(これは春とは限らないけれど、最初が
狂犬病の予防注射と同時期なので、春の場合が多い)

以上

ですが、これらの薬が体内に入って、解毒するのは肝臓です。

ヒラリーは肝臓の数値が高いので、毒(薬)を体内に取り入れる
なんてもってのほか。

去年の夏、蚤を媒体とする瓜実条虫がいました。これは幼虫を保有して
いるノミを犬や猫がグルーミングのときなどに飲み込んでしまうことで
感染します。この時は病院で駆虫薬を貰って飲ませましたが、何もせずとも
2週間が瓜実条虫の体内生存タイムリミットだということなので、体調に
変化(下痢など)がなければ、自然に居なくなります。

とは言っても、気落ち悪いので、なんとかできないものかと色々調べました。

予防薬のリスクについてはこちら ←クリック

盛んにTVで宣伝されている「ネックスガード」は大豆アレルギーの子には
ダメだそうなので、ヒラリーは勿論与えられません。お薬は平たく言えば、
殺虫剤なので、それを体内にいれるというのは最小限にしたいです。

ということで、ノミダニ予防薬はやはり与えないことにしました。

ちなみに、室内のダニ対策はダニトリロボを長年使っています。
今年もコレですね。ヾ(o´∀`o)ノ
スポンサーサイト

| ヒラリーの健康 | 2018-04-04 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: