FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

治療より予防

耳のカイカイですが・・・・・


食事や環境のハウスダスト因子がアレルゲンとなる場合は、耳に
限定することはまれで、口や目の周囲、四肢にも炎症が起きることが
多いそうです。目や耳、肛門など単一特定の箇所の炎症の場合、消化器
の負担や肝臓の解毒力の低下などから老廃物が処理できずに耳や体の
皮脂腺からの分泌が増して炎症を起こすこともあるそうです。

これがホリスティックの先生の見解。

なるほどぉ~(@@;と思いました。

解決策としては、お腹(特に腸)の状態をよくしておくこと、肝臓に
負担のない食事内容と量を心掛けることが必須になるそうです。
中年以降になると、それらの臓器の弱いコはますます消化・解毒力が
落ちてしまうのでエネルギーを上げるケアが大切で、オゾンとレーザーは
いいですので、継続するようにとアドバイスがありました。

また、ガラス越しの日光浴も脳の海馬を活性化する為、各種ホルモンが
バランスよく働いて細胞の若返りや活性化を招いてくれるそうです。
冬は外に出る機会が少ないですので、積極的に日光浴をするようにとのこと。

ホモトキですと、肝臓サポート(Hepeel)リンパ浄化(Lymphomyosote)などが
解毒に使用されます。免疫調整はリンパ活性の(Engystool)と顆粒球の活性の
(Traumeel)などがあるそうです。

コーケントーの光線照射も高齢になるととても良いそうです。
解毒や免疫アップに必要なエルギーのチャージが出来きるそうで、リース代は
月3000円(途中返却があれば日数割で返金)+カーボン代(使用時間によるが
月3000円くらい)送料1500円とのこと。でも、現在全部貸し出し中だそうなので、
ウエイティングリストに名前を載せて貰いました。

ヒラリーは今年春に9歳になりますから、デトックスや臓器サポートのケアは
良いタイミングだそうです。方法はいろいろあるので、状況に合わせて検討
することになりました。治療などでお薬を使用したときはホモトキ液のコンビ
ネーションが有力ですが、今回はタブレットの肝サポートとリンパ浄化、免疫
サポートの組み合わせでよさそうで、ひと月かけてじっくり行うのだそうです。

Hepeel(肝サポート)とLymphomyosote(リンパ浄化)を1日交互で2週間行い
次の2週間はEngystool(免疫サポート)とLymphomyosote(リンパ浄化)を
1日おきで、耳や皮膚の痒みや炎症が気になるときはTraumeel(炎症)を頓服用
として与えると良いそうなので、お願いしておきました。

その後は状況により2~3カ月毎に繰り返してあげるとよいそうです。

治療より予防

スポンサーサイト

| ホリスティック | 2018-02-11 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: