続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

波動検査の結果問題ありや

10日に波動テストをしていただきました。
未病の段階でなんとかしたいからなんですが、免疫の数値は変わらず12
だったそうで、数字は高ければ良いというのではないので、ちょいと心配。



食事アレルギー・不耐性は2、鶏肉、ニシン、アジ、米、トマト、
今回気になったところは心臓2、心不全1、膵臓-1、膵炎1、消化不良1の箇で。
11月のエコー検査では変化なしとのことでしたが波動的にちょっと心配です。

ホモトキのタブレットでいくつかマッチングしてみたところStrophanthus(半錠1日2回1日おき、)
があっているそうです。又、食事量がおおくなると軟便気味になることは、膵臓の働きに不調
があるからかもしれないとのこと。ホモトキ水溶液(Leptan,Coen,Ubichi 4~5日おき3回
 1200円/1本)が良いそうです。

>Strophanthus(半錠1日2回1日おき、)
心・循環器に使用するホモトキタブレットです。
主に冠状動脈の不調をサポートするもので心筋梗塞の予防になります。
犬の心臓病で多いものは僧帽弁閉鎖不全で、そのケースでは心雑音やエコーでの逆流
の確認ができますが、心筋梗塞の場合、血栓が詰まるタイプなので事前の検査での確認
が難しいケースに当たります。突然の発作で倒れてしまうケースが心筋梗塞に当たると
思います。

>ホモトキ水溶液(Leptan,Coen,Ubichi 4)
膵臓サポート、酵素・細胞活性のサポートです。
年齢が上がったり、治療などで臓器の疲弊が出てくると細胞の代謝エネルギーが不足し、
不調をおこしやす臓器にトラブルが集中してしまいます。今回、膵臓の不調が上がって
いるので、細胞レベルで活性化のサポートをしていくものになります。

また、耳のかゆみが再燃しているのですが、中なのか外なのか(??)でございます。
病院で処方されたオトマックスはステロイドが入っているので、長く続けない方が良い
のです。そこで、先生に相談させていただきました。

耳垢がある場合はザイマックスの酵素液が良いのですが、耳の中はきれいとのこと
なので、カンポーのイヤー・スキンクリーナが良いそうです。
保湿、消炎作用があり、一部内容に甘草の生薬である消炎成分(グリチルリチン酸)を
含みますが、ステロイドのような強力な作用ではありません。120ml 2000円。

とにかく、オトマックスの替わりに何かを使いたいので、1本送っていただくように
お願いしました。

後は、皮膚の保湿です。
かんがえよぉ~~~~ ( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

| ヒラリーの健康 | 2018-01-17 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: