続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本獣医生命科学大学

29日に武蔵境にある日本獣医生命科学大学付属動物病院へ
行ってきました。


呼吸器科の専門医の藤原先生(女性)

1.気管支炎

主治医ならびにアトム動物病院での診断でしたが、これは気管支炎では
なく加齢により肺の一部がレントゲンで白く写っているだけ。理由の一つ
として、咳が出ていない。

2.気管支虚脱

たしかに一部気管支虚脱が見られるが、症状がでておらず、現在のところ
気管支拡張剤などの投薬の必要なし

3.逆くしゃみ

これの原因は多くの場合は異物の混入
草以外には植物の種も多い
声が変わったということであれば、草が長い間喉のあたりにあった
と思われる。

4.血液検査

肝臓の数値が悪いものの、それ以外は特に心配無し

5.呼吸している時のレントゲンの動画

びっくりだったのはレントゲンかとおもいきや、動画だったこと。
呼吸している時の肺や喉などの動きが分かります。

結論

現在のところ、投薬などが必要な所見は見当たらず、ただ、鼻水がでたり
していることもあり、今回は徹底的に検査するという希望もあるので
MRIと内視鏡検査をする。心臓の左心房の弁が若干緩んでいて血液が
逆流していることについては循環器の先生から、麻酔は大丈夫とのお言葉。

10月3日に検査となりました。

同意書を貰ったのですが、まじまじと読むと、かなり怖くなります。苦笑

万一のことがあったら、絶対必要な検査でもなかったのにと後悔すること
間違いなし!苦笑 

当日は12時までに連れて行って、4時くらいにお返しとなります。
実際に何時に始まるかは当日確認するとして、始まったら、待合室で
待機することとします。

新しい大学だからなのか、待合室も綺麗で、研修医以外に学生さんが
10人くらい居ました。びっくりしたのは、某大学病院の付属とは違い、
サービスが良かったこと。

呼ばれた時にはヒラリーはキャリーに入れられていて、そのキャリーを
男性の学生さんが両手で胸のあたりで持っておりました。普通は
床に置かれそうだけれど・・・・笑

人間大好きなヒラリーは案外、たくさんの学生さんに囲まれて、撫でて
貰ったりなんかして・・・・いつもより楽しかったのかも。笑

さぁ!3日! 無事に終わり、何も出てきませんように。


スポンサーサイト

| ヒラリーの健康 | 2017-09-30 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: