FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさかの原因は草でした (2)

連日逆くしゃみが続き、夜は寝ていても、おっさんのようないびきをかいて
苦しそうだったヒラリー。



食べてしまった草が喉のあたりにへばりついていたので、違和感がありあり
で逆くしゃみになってしまったのでしょう。

その後、草は鼻へと移動。

ここで人間様とおなじくしゃみになったのだと推測されます。
鼻血までだしたということは草が粘膜を傷つけていたのですね。

あのまま内視鏡で検査していたら、多分喉のあたりの草が発見され
取り除かれていたのでしょうけれど、麻酔をかけなければならないし、
体への負担ははかりしれません。
14日間も苦しみましたが、自然と出てきてくれて良かったです。

草が出てから2日ほどは本当に一日中寝ていました。

あちこち連れ回されたので、体力も気力もダウンだったと思われるので、
29日の大学病院での初診までは、ゆるゆる過ごさせています。

一度だけ主治医い診せに行きましたが・・・・

ここまで病院での治療と並行して、チロとサクラのクリニックの渡辺先生
にはホリスティックケアーをしていただきました。おかげさまで穏やかな
日々が戻ってきました。

粘膜の修復という意味で、ローズヒップ(チンキ)を与えています。
アレルギー性鼻炎による鼻水かもしれないと思うので、アイブライトも。

草が出てくるまでの2週間、24時間、くしゃみや逆くしゃみ、それに
苦しそうな呼吸をするヒラリーを抱っこしながら、精神的にも肉体的にも
ちょいと辛かったです。でも、一番大変だったのはヒラリーです。

もう、絶対に草は食べさせません。

29日は大学病院での初診です。

かねてから、鼻水の多さと、時折呼吸が苦しそうになること。
いびきや喉からの音と思われる擬音が気になっていましたので、
この際だからしっかり診ていただこうと思います。

もしかすると、MRIかCTを撮ることになるかもしれません。
何か見つかれば、手術ということもあります。

今回の騒動がなければ、大学病院で診て貰うこともないだろうと
思うので、それはそれで良かったということにします。

やれやれ・・・・・
スポンサーサイト

| ヒラリーの健康 | 2017-09-24 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: