続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金がなければ動物を飼ってはいけません。

お散歩で良くお話しをする皆さん、まだ陽が出ている時間に
散歩ができる人達ですから、当然ながら、リタイアーされて
いたり、専業主婦だったり、自分のように、少しばかり働いて
いる人達です。←フルタイムの人は夜暗くならないとお散歩できない


年金暮らしの方達にそれほどの余裕があるとは思えませんが、
なかにはお金の問題というよりスタンスの違いのようで、11歳に
なる子なのに、これまで血液検査などは一切したことがないという
人もいました。元気で問題ないと仰るが、多分、変化が小さいので
気が付かないだけだと思う。

少し前にネットで読んだ

獣医の主張「お金がなければ動物を飼ってはいけません」

は少し考えさせられました。

というのも、フルタイムからパートタイムになって早5年。
以前と比較すれば、時間の余裕はあっても、お金の余裕は
少なくなったからです。

それにしても、許せない(言葉にした人が意図していなくても)のは
獣医さんや動物が好きでそのお仕事に携わる人に、発する脅迫
めいた言葉。

「・・・・・・じゃなかったら、この子は保健所行き・・・・・」

そんな事言われたら、どうしたら良いのか、胸が痛くなる、苦しくなる。

先日、ミックスの老犬が迷っていて某公園で保護されました。
お散歩仲間と見た事がある犬なので、名前も住所もわからない
けれど、きっとあの人が散歩させている犬に違いないと話して
いました。綺麗に手入れされていて、首輪も新しいし、警察に
届けて、保健所にも連絡しようとか、保護している間の食費とか
カンパしようとか・・・・・あれこれ騒いでいるうちに無事オーナーさん
の元へ・・・・・。

老犬なので、案外、年をとったから(お金もかかるし)捨てられたのかも
と憶測が飛び交いました。←オーナーさん ごめんなさぃ

でも、老犬なので捨てる人もいるんですよ。
しかも、動物病院の前に。
そんなパピヨンに会ったことがあります。
新しいオーナーさんと一緒に来ていました。
病院で保護されたので、その時に患っていたヘルニアの治療は
無料なんですって。

病院の前に捨てるなら、なんとかしてくれると考えたのでしょう。
長い間一緒に生活していて、それでも捨てるなんて、その神経が
まったく理解不能。

そういえば、かなり昔ですが、電車に乗って某動物病院へ行った
時の事。朝一番乗りを目指していたので、まだ病院のドアが開く
前に着いてしまいました。その時、ドアの前に段ボールの箱が
置いてあるのが視界に入りました。何気なくのぞいたら、子猫が
3匹!びっくりし過ぎて、思わず、走って病院から遠ざかってしまい
ました。その後、気を取り直して、病院へ向かうと・・・・・・・
病院のドアが開いて、ちょうど看護師さんが子猫の入った箱を
病院の中へ入れるところでした。

他の病院では、同じような状況で捨てられた犬猫を保護して
病院内で飼育していました。輸血犬(猫)として役にたって
いるけれど、希望があれば里親さんに渡す事もあるそうです。

お金がなければ動物を飼ってはいけません。

動物を捨てる理由がソレだけではないとしても、一理あると
思わせる出来事が世の中には沢山あるということです。

スポンサーサイト

| まいにちヒラヒラ | 2016-12-03 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: