続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

2代目太郎君

昨日お散歩で出会ったポメラニアンの太郎君のお話し。



女性が連れいたちびっこポメ。
お顔も可愛くて、ドッグ ショウでみかけるタイプ。
購入先はペット ショップではあるけれど、オーナーさんが
ポメのブリーダーで、オレンジ色の子犬が欲しくて1年待った
そうです。

名前は太郎

そう決められていたので男の子。

25年前、家庭の事情で飼えなくなっポメラニアンの太郎君は
遠い親戚へ。 一度様子を見に行った時、屋上で飼われていて
あまり可愛がっているようには感じられなかったそうです。
その親戚は後にアメリカへ行かれ、現在は音信不通。
一度だけ連絡が来て、芝の上を走り回っていますと
聞いて安心したそうです。

時が流れて、ある日、成長した息子さんが、

へぇ~ おかあさん、ずっと信じていたんだ!
芝って・・・・天国のことだよ。

と、言葉にされたそうです。

海外に犬を連れ出すのは時間も手間もお金もかかること。
実は日本で処分されてしまったに違いないと、息子さんは
思ったのだそうです。

真実を確かめる事はできないけれど、最後まで飼ってあげられな
かった太郎を、今度こそ・・・・・と、現在の太郎君を迎えたそうです。

太郎君は現在2歳。
おとなしい子です。
お名前の入った革の素敵な首輪をしていました。

私にもほろ苦い想い出があり、太郎ママさんの複雑なお気持ちが
解るように思いました。また 会えるかなぁ~
スポンサーサイト

| まいにちヒラヒラ | 2015-07-02 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: