続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(元)家猫さん その後 子猫が一緒

ご無沙汰しておりまふ。

あっ!という間に10月!
大好きな季節、秋とか呼ばれております。(^^;

さて、元家猫さんのその後でございます。


(元)家猫さんのプラスチックのお家(室外機の上)にはタオルで
ドアができました。飛ばないように、500mlのお水入りのペット
ボトルが重石になっております。

その猫の近くに子猫が一匹(4または5か月くらい)

白とグレーの縞模様で、大変可愛らしい

つい、つい、食べるものをあげていたら、すっかりなついてしいました。
捕まえて性別を確認したら、女の子でした。

さて、困った。
将来子猫が生まれるに違いない。

ということで、里親探しを始めました。
が!撃沈!

野良猫の虚勢と避妊手術を格安行ってくれる獣医も探しました。
女の子で9,000円です。
避妊して、でも、猫アレルギーの妹がいるので室内では飼えないから、
庭でお世話しようかと、真剣に悩みました。

結局、家族会議の結果、断腸の思いで、寄ってくる子猫を無視すること
にしました。3日後・・・・・

その子猫は(元)家猫のお家の屋根に寝ていたり、家人から一緒に(?)
ご飯を貰う為に家の中をのぞくようになりました。昼間も一緒に物置の屋根
で日向ぼっこをしている姿を見かけます。

少し前にように、私の姿を見て走り寄ってはきませんが、可愛い声で鳴いて、
催促するのです。それが、ちょいと辛いのですが、あの子猫、(元)家猫さんと
相性が良いらしく、仲良くやっているようなので、それなら、それでも良かった
かもしれないとも思います。

残ったキャット フードをどうしようかと・・・・・(~△~: ←ほとぼりが冷めたころ、
猫に見られないように、猫家の近くに置いておこうと思います。

今回の事で、思いました。

(元)家猫さんの人間の家族が、ただひたすら「ご迷惑をおかけしまして」と
平謝りだったのは、猫は猫を呼ぶってこと・・・・だったのかな・・・・って。

それでも、お水だけは野良猫達が飲めるように、階段の下(雨でも影響がないから)
に置いてあります。2日置きくらいに取り替えています。
スポンサーサイト

| 未分類 | 2014-10-19 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: