続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

<短期連載>ペット業界の舞台裏 

<短期連載>ペット業界の舞台裏 



海外から貨物室に乗せられてくる犬がもし虫の息だったら
(死亡ではないと保険がおりないから)絞め殺すと言い放った
某ブリーダー(ペットショップも経営・当時)さん

海外から子犬を数頭輸入の際に客室に持ち込むものの全然
お世話をしないので、自分ともうお一人がお世話を申し出た
時、犬はいかさず・・・・ころさず・・・とニヤリと笑った
某ブリーダーさん

若い犬の練習になるからと、雌のオーナーさんが希望する
犬とは違う犬に交配して知らん顔していた某ブリーダさん
(現在は父犬はDNA鑑定が必須)

お金を持っていそう(服装や靴などで判断するらしぃ)なので
(予定より)高く売ちゃったよっ!とほくそえんでいた某ブリーダーさん


子返しで手に入れた子犬の行く末を心配して電話をかけてきた
繁殖者に「良い方に貰っていただきました」と丁寧に応対するも
その陰で「まったくうるさいったらありゃしない。誰に売ろうが
(その子犬の権利は自分になるのだから)あたしの勝手だよっ!」
とご立腹だった某ブリーダーさん

チャンピヨンの子と言えば(里親さんが)喜ぶからと、実際の
父犬とは違う犬で子犬の血統書を申請していたブリーダーさん
(現在父犬はDNA鑑定が必須)

海外から犬を輸入した際に血統書を手にいれなれなかった為、
自分の繁殖犬として申請し、その犬を交配につかっていた
某ブリーダーさん

そ~んな裏事情を20代早々に垣間見て、ペット業界に足を踏み
入れるのを思いとどまった自分。怖すぎてペットショップでの
アルバイトなんてできましぇ~~ん  ← よく薦められるけど

((追記))

ブリーダーと呼ばれる人達が皆自分が出逢ったような人達ばかりとは
限りません。誠実に情熱をもってその犬種の改良に取り組まれている
方達も沢山おられる事を追記させて頂きます。

「一日一膳」ではなく「一日一回」有効だそうでございます。
クリックしてね は~と by Squeak@虹の橋4丁目 & Hillary@アイオア州

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| まいにちスクスク | 2012-04-13 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: