FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(スカンプ)日本に初めてやってきた英国チャンピヨン

英国から日本へ初めて輸入されたチャンピヨンは

Lordsrake Fireball (ロードスレイク ファイヤーボール)

愛称は スカンプ Scamp

英国は狂犬病の発生がなく、島国ですから、当時2週間の検疫も
必要ありませんでした。



スカンプは英国航空の貨物室に乗って来日しました。
到着時、自分は仕事があったので迎えにいけませんでしたが、後日
オーナーさんのご自宅で見せていただきました。

スカンプが入ってきたクレートは、バリケンネルのような
プラスチック(?)ではなく【非常に固い木】でできていて、
あまりにも頑丈なので驚かされました。(@@;

彼はクラフト展でDOG CC(オスの一番)というお土産付きで
来日しましたが、頑丈過ぎるクレートを見た時に英国の
ブリーダーが長旅をする愛犬をどれだけ気使っているか
解るようでホロリとさせられました。

後で聞いたところによると、特別に注文して作ったそうです。
それに自国の航空会社を使ったのも愛情の表れですよね。(^^;

当時は直行便はなくアンカレッジ経由でしたから、確か17時間
くらいかかったと思います。

貨物室は客室同様に空調もきいているそうですし、生体には
配慮されていると航空会社のURLなどには書かれています。

一番最後に搭載され、一番最初に出してもらえるそうですが、
その前後の扱い(気温や天候に配慮)がどれだけされるのか。

貨物を扱う方達がすべて動物好きならよいけれど、お嫌いな方
だっているだろうから、待遇に差があるかもしれない。
(特に日本に到着した時の待遇が心配)

貨物室は真っ暗なはず。
誰かが時々様子を見に行ってくれるとか、お水やご飯、それから
トイレのお世話をしてくれるわけじゃぁない。

勿論、オーナーが一緒に乗っていたとしても、お世話をしに
貨物室に行かせてもらえるわけではありません。

飛行機に何かあたら、客室が優先なので空気が止められてしまう
危険もあるし、ショック死したり、具合が悪くなったりする子も
少なくはないと聞いています。

だから、スクウィークの時も 迎えに行って客室に一緒に
乗ってくる が絶対条件でした。←あたちのね

写真を整理していたら、スカンプの写真が出てきました。
輸送中に虹の橋を渡ってしまう危険も考えて、保険もかけられていました。
来日したのが9歳で、ご高齢だったけど、元気に来日できて本当に良かった
と今も思います。

Skamp
1985年に撮影された写真

種オスとして引退して里親さんに渡すのだったら、自分が
引き受けますと、日本のオーナーさんに申し上げました。
彼が日本に来る事になったのは自分の責任でもありましたから、
ロードスレイクのブリーダーにもそのように伝えました。

日本のオーナーさん、マダムパピヨン犬舎の故・後藤照美さんは、
「あんたがあんな事言うからさぁ~ あたしが最後まで面倒みなきゃ
ならなくなったじゃない」と憎まれ口をききながらも、スカンプが
目も見えず、耳も聞こえないヨボヨボじ~ちゃんになり
虹の橋を渡る日まで可愛がってくださいました。

Skamp1
(さらに)おじ~~ちゃんになったスカンプ

(自分は犬の輸入を扱う業者ではありませんし、それを生業にしたこともありません。
 また、将来自分の為以外に犬の輸入に関わることはありませんので、ご理解頂ければ
 幸甚です)

「一日一膳」ではなく「一日一回」有効だそうでございます。
クリックしてね は~と by Squeak@虹の橋

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| パピヨン | 2011-08-22 | comments:4 | TOP↑

私の好きな赤毛さんだ♪

スカンプ、どんな意味があるのでしょう?

年をとってもさすがに貫禄を感じます。
足の太さが私好み。

リズは沖縄ですけど、何度も行き来しました。
飛行機まで移動する時は、気は使って下さるようですが、日に当たる事もあると言われたので、大きなバリケンを借りて、その中に、リズのクレートを入れてもらっていました。

毎回、人間より先に受け取りカウンターにいましたよ。
顔を見るまでは不安でしたけれどね。

| ゆう | 2011/08/22 20:58 | URL |

Re: タイトルなし

v-286ゆうさん

> スカンプ、どんな意味があるのでしょう?

「いたずら小僧」とか「わんぱく小僧」です。

> 年をとってもさすがに貫禄を感じます。
> 足の太さが私好み。

ゆうさんは足のしっかりした子が好みだよね。
骨が太い???


> リズは沖縄ですけど、何度も行き来しました。
> 飛行機まで移動する時は、気は使って下さるようですが、日に当たる事もあると言われたので、大きなバリケンを借りて、その中に、リズのクレートを入れてもらっていました。


日本国内はまず、客室には犬を持ち込めないから選択の余地がない。

ゆうさんのように旅行ではなくて実家に帰らなければ(または帰りたい)
人にとって犬は貨物室に預けるか、犬専用のホテルや獣医さんちで
お泊りするしかできないから、飛行時間も短いから貨物室にのせて
連れてゆくを選択するだろうと思う・・・自分がゆうさんだったら。

せいぜい2~3時間のフライト時間だものね。

日本の国内でも客室に乗せていけるといいなぁ~って思う。
勿論サイズは小型に限るけれど。

> 毎回、人間より先に受け取りカウンターにいましたよ。
> 顔を見るまでは不安でしたけれどね。

リズちゃん、良かったよね。
犬は犬好きの職員が扱って欲しい。
募集してくれたら、なりたいなぁ~

| Meg & Squeak or Squeaky | 2011/08/23 17:27 | URL |

ファイヤーボールくん、なつかしいなあ。
会ったことはないけれど
チョコの曾おじいちゃんなんだよね~~~

| ゆうこ | 2011/08/24 10:25 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

v-286ゆうこさん

> ファイヤーボールくん、なつかしいなあ。
> 会ったことはないけれど
> チョコの曾おじいちゃんなんだよね~~~

そうだ!そうだ!
チョコちゃんの血統書を見せてもらったことがある!
ファイヤーボールは大人しい子でした。

「火の玉小僧」って密かに呼んでいた自分(笑)
一度だけ家に来てくれたことがあったんだぁ~

| Meg  | 2011/08/24 17:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: