FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(鍼灸治療45回)なんとしてでも歩き続けまふ

スクウィークの右足のパテラの状態はステージ3または4
と推測されるそうです。

(注意)遺伝的なものではなく階段から落ちたことと加齢による
    後天的なもの。またクッシング症(自然発生)は筋肉が
    落ちる病気なので、それがパテラの状態に影響があると
    推測されます

膝蓋骨脱臼


先生のお話によると、ステージが同じであっても固体によって
状況は異なるとの事でした。

スクウィークの場合はやはり加齢に伴ってステージがあがって
きているようですが、それでも『歩ける』だけではなく散歩を
嫌がることもなく若い頃とあまり変わることのないスピードで
『小走り』して散歩を楽しんでいます。

勿論、日によってシングルだったり、ダブルだったり、右足だけ
蹴りが弱くて後ろから見た時に肉球が確認できなかったり・・・
ではあるのですが、車椅子や寝たきりにもならず日々過ごせる
のは鍼灸治療とホメオパシーによるものと感謝しております。

今回のホメオパシーも関節の改善を目的としたもの。
2週間飲みます。Bryoniaブライオニア/ブリオニア

10051003
一生懸命大好きなおやつを食べている後姿
脱臼しているはずの右後ろ足に注目
ピン色の靴下を履き、肌色(?)のバンテージで
止めています。

10050101
腰を落としたそこにラグビーポールがあったから・・・なのか

10051002
ど~してこ~なっちゃうのか・・・わからん(^△^;


ということで・・・こちらのホメオパシーも試してみることにしました。

ジェモセラピー【ワイルドウッドヴァイン(靭帯・骨用)】

人間ならば80歳を過ぎたおばあちゃんですから、病気を持っていたり
痛みがあったとしても仕方ないのかもしれません。しかし、右足に痛み
があったとしても『歩ける』と『歩けない』では雲泥の差。

なんとしてでも 歩き続けまふ! ←根性 (;^_^A アセアセ・・・

100501

「一日一膳」ではなく「一日一回」有効だそうでございます。
クリックしてね は~と by Squeak

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村













スポンサーサイト



| スクウィークの鍼灸治療 | 2010-05-01 | comments:4 | TOP↑

元気になります!

スクちゃんの報告を聞くと、とっても元気になります。

ちゃんと歩けるんだから痛くはないのかな?
やっぱり人間には解らない強い力を持っている気がします。

実は、26日、帰宅しましたら、痙攣発作の跡がありました(胸のコートがよだれでべっとり)
すぐ病院に駆け込んで注射をしてもらったのですが、その後3回も発作が続きました。

でも、発作が軽かった事と、発作の間隔が長くなってきていたので朝迄様子を見て、ご飯とともにステロイドのお薬をあげたら、その後発作は治まりました。

一日おきになっていたステロイドの薬は元に戻す事になりましたが、0.5mgととても少ない量で済んでいるので良しとしないとですよね。

現在は、発作は起こっていないので、ステロイドを早く減らしすぎたのだろうということでした。

散歩も元気に行きますし、食欲もありますが、昨日迄はふらつく様子も見られて、こうやってだんだん弱くなっていくのかなって思うと、悲しくなって仕方ありませんでした。

しかし、考えてみると、発作が軽く済んだと言う事は薬がちゃんと効いていると言う事ですし
今日、千田先生にホメオパシーの注射をして頂いたら、すっかり元気に戻っています。
マウンティング娘 復活です!!
(マウンティングが元気の目安なんてどうかと思いますが。笑)

千田先生に、今後の治療の流れも、相談しました。
毎週いらっしゃって頂いた注射は、今は状態が落ち着いているので減らしていきますとのこと、2週間に1回になりました。
このまま安定すれば、内服だけで良いとの事です。

私は、やっと気持ちが落ちついてきた時の事だったので、今でもショックを引きずっています。リズの挙動一つ一つが気になって不安で仕方ありません。

千田先生にも、その不安を聞いて頂いて、気持ちが少し軽くなりました。
千田先生で良かったです。
Megさん、紹介して下さって改めてありがとうございました!

私は、Megさんみたいに、明るく強くなるには、修行が足りないみたいです。

| ゆう | 2010/05/01 20:22 | URL |

こんばんは~。

スクちゃんのパテラは後天的なものなのですね。クッシングの影響も。

こたろーは多分、遺伝的なものとクッシングの影響、ステージ確かとても重かったです^_^;
(千田先生談)
ただ急に酷くなったのでクッシングの影響が強かったのかもしれないです。
千田先生の治療を受けてからは歩く事が少しずつ出来るようになって
少しでもお散歩に行く事ができましたから
それは本当に嬉しかったし先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。

スクちゃんは小走りでお散歩出来るのですね。
とっても良い事(*^_^*)私も嬉しいです。
鍼灸治療とホメオパシー治療でこれからも頑張ってくださいね。
Megさんの勉強熱心な所、何でも自分で実験する所、
いつでも明るい所、全て尊敬しています(*^_^*)
スクちゃん、根性!!で歩き続けて下さいね!!

| まあ | 2010/05/02 20:42 | URL |

Re: 元気になります!

v-286ゆうさん

> ちゃんと歩けるんだから痛くはないのかな?
> やっぱり人間には解らない強い力を持っている気がします。

やはり痛いと思います。
ただ犬って野生の時の遺伝子を持っているので痛みに強いのだと
思います。弱みを見せたら(野性だったら)生きていけませんものね。

人間も加齢と共に節々が痛くなったりするようですが、痛みを
押さえながら、時には杖をつきながら歩いている方達を見ると
スクもあんなふうに痛いんだろうなぁ~と思ったりします。

> 実は、26日、帰宅しましたら、痙攣発作の跡がありました(胸のコートがよだれでべっとり)
> すぐ病院に駆け込んで注射をしてもらったのですが、その後3回も発作が続きました。

驚いたでしょうね。
癲癇の発作は見ているだけでも辛いですから、誰もいないときに発作があったの
かと思うと胸が痛いです。

> 千田先生にも、その不安を聞いて頂いて、気持ちが少し軽くなりました。
> 千田先生で良かったです。
> Megさん、紹介して下さって改めてありがとうございました!

ゆうさんの気持ちが落ち着いてよかったです。
人間が気持ちをしっかり持たないとリズちゃんの病気にも影響がありますから。
獣医さんは四足の子供の病気を治すだけでなく、オーナーの気持ちのケアーも
しなければならなくて本当に大変だと思います。

通院だと時間も気になりますが(患者さんで混雑している時は特に)
往診だと(先生のスケジュールを確認はしますが)その点はゆっくり
できるのが利点です。

> 私は、Megさんみたいに、明るく強くなるには、修行が足りないみたいです。

スクは日本に来た時から皮膚のトラブルがあったので、14年もなにかしらの
病気と闘ってきています。一度だけ一人で泣いたこともあるのですが(内緒
だけどね)、もうなんでも来い!って・・・度胸だけはすわりました。

突然襲ってきたリズちゃんの癲癇に驚き、戸惑い、不安が一杯で、それは
それで当たり前です。長いお付き合いになるので、これから、ゆっくり
強くなってゆきましょう。

スクはまだまだ頑張りますから、一緒に闘ってゆけます!

| Meg | 2010/05/03 05:50 | URL |

Re: こんばんは~。

v-286まあさん

> スクちゃんのパテラは後天的なものなのですね。クッシングの影響も。

パテラは後天的な理由です。
アメリカ チャンピヨンになるにはパテラに問題があったら無理かと
思います。特に彼女は背中を押しても、軽く体を落としても、びくとも
しないほどに強く、足や背中も含めて骨格には問題がありませんでした。

ですから、膝蓋骨脱臼とは無縁だと思っていたので、とても驚かされ
ました。ま・さ・か!(~~;

> こたろーは多分、遺伝的なものとクッシングの影響、ステージ確かとても重かったです^_^;
> (千田先生談)

一番重いステージが「4」なので、現在のスクと同じだったのかもしれません。
今日、3ヶ月に1回の定期健診でレントゲンも撮る予定なので、
確認できたらと思います。

> ただ急に酷くなったのでクッシングの影響が強かったのかもしれないです。
> 千田先生の治療を受けてからは歩く事が少しずつ出来るようになって
> 少しでもお散歩に行く事ができましたから
> それは本当に嬉しかったし先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。

こたろー君も寝たきりにならず、自分の足で歩けて本当に良かったと
思います。犬にもプライドがありますから、人間同様に自力でできる
という事がとても大切だと思います。

この先、スクは車椅子にお世話になったり、寝たきりにもなるかもしれません。
それでも、少しでも長く自分で歩ける時間を長くしてあげたいと思っています。

> スクちゃん、根性!!で歩き続けて下さいね!!

はぃ!頑張ります!
ありがとうございます!

| Meg | 2010/05/03 06:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: