FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

苦しむことを恐れない

里親に出した子犬が成長してブリーダーさんの目に
とまりました。2ヶ月で買った金額に×◎万上乗せする
と言ったら

あらぁ~ ○○万で買った犬が▽△万になったわぁ~

と喜んでその犬をブリーダーさんへ戻した人がいます。




その犬はにさらに■□万上乗せされた金額で別の人に
引き取られました。

売られた先は自営業で裕福な家庭でしたが、奥様が犬に
お金をつぎ込み倒産してしまいました。犬は借金のカタに
奪われてそれから行方知れずです。

【その犬の幸せは99%どんな里親さんに引き取られる
かで決まる】と言った某ブリーダーさんの言葉が身に
しみるような、本当にあったお話でございます。

子犬を迎え入れる時、この先十何年も一緒に生活して、
最後はヨボヨボのじーちゃん & ばーちゃんになるので
医療費もかかるし、介護もしなければならない・・・・かもしれない

という覚悟を持って可愛い子犬を家族に迎える人は少ない
かもしれないけれど、一緒に暮らしてゆく過程で段々と愛情
や自覚や責任が芽生え、覚悟もできるのだろうと思ったりします。

ただ、誰もが覚悟を決められるとは限りません。

年を取り病気になって経済的にも精神的にも大変だという
理由で犬を捨てる人もいます。

勿論、色々な事情で長い月日を共に過ごした愛犬を断腸の
思いで手放さなければならなくなる事もあるかもしれません。

「たかが犬ごとき」であっても「いとおしい愛犬」であっても、
年老いて病気を抱えている犬を引き取ってくださる方を
見つけるのは不可能に近いかもしれません。

もし、そのような巡り合わせになった時、どうか最後の
最後で逃げないでください。

犬を捨てたり、シェルターに持ち込まないでください。
(シェルターでの安楽死とは名ばかりで、ガスを使用する為、
窒息死となり非常に苦しむのだそうです。)

自分の見えない場所でその犬は死んでゆくのに、それを
見たくないが為に。自分がその犬に死を与えたという呵責の念
から逃れたいが為に最後にその責任を放棄するのは卑怯です。

その犬より貴方のほうが苦しまなければならないのです。
それが最後まで小さい命を預かった責任を持つということだと
自分は思っています。

状況は違いますが、

スクウィークは数年前に再発率50%の癌を切除したことがあります。
再発して癌で苦しむ姿を見るかもしれないと想像した時、心に決めた
ことのひとつ

スクウィークより自分が苦しむことを恐れない。

肝臓に腫瘍らしきものの影が複数見つかったと報告を受けた時に
その時の決意を思い出しました。

その決意が必要ないようにと、これからも頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

| まいにちスクスク | 2009-01-29 | comments:2 | TOP↑

Megさん、おはよーです。

なんと、ワンコにお金を掛けすぎて倒産ですか。。。
一体どのくらいつぎ込んだのでしょうね~。
間違ったワンコの買い方、かもしれないと少し思ったです。。。

どんなに健康な生涯だとしてもお金がかかることは事実ですよね。

ワンコを家族に迎え入れたときに「絶対最後までかわいがり、
面倒を見る」と誓っていた人が経済的なことや介護が大変だと
いう理由から手放してしまう。。。
(確かに人にはわからないような複雑な理由や飼い主がなくなって
しまったりということもありますが。。。)
悲しいですね。理解し難くやりきれない思いでいっぱいです。
一生後悔することは間違いないと思います。
覚悟を決めたのならやり遂げていただきたい。

今までに恐ろしく信じられないようなお話をたくさん見たり
聞いたりしたわたし。。。
どんな状況になろうとも最期まで一緒に過ごすことをわが子と
誓いました~。

| おぽわ | 2009/01/30 05:31 | URL |

Re: タイトルなし

v-286おぽわさん

こんにちは!

> なんと、ワンコにお金を掛けすぎて倒産ですか。。。
> 一体どのくらいつぎ込んだのでしょうね~。
> 間違ったワンコの買い方、かもしれないと少し思ったです。。。

それはぁ~
ドッグ ショウをやっていて、1頭何百万もの犬を数頭お持ちでした。
自分も当時パピヨンをドッグ ショウに出していたので、事情を知って
(@@; でございました。

そういえば、少し昔ですが、アメリカで寒波から非難する
ためのシェルターに犬は連れて行けないと知って、愛犬と
一緒に凍死した人がいました。

自分の命をかけられる人がどれだけいるのでしょうか・・・ね。
とても考えさせられたニュースだったことを記憶しています。

| Meg | 2009/01/30 21:10 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: