FC2ブログ

続・不思議の国のスクウィーク

アメリカ生まれのパピヨン、スクウイーク(虹の橋4丁目在住)とヒラリー(2012年6月21日来日)、柏レイソルにはまっているMegの不思議な冒険の世界へようこそ!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勇気とやわらか頭

病院で腎臓が悪い猫ちゃんズのオーナーさんとお話をしました。

毎週のように通っているお名前がわからなくてもお顔が解る
「お散歩仲間」ならぬ「病院仲間」



お薬と血液検査の繰り返し。
病院での処方食を食べていても一向に数値は良くならない。
これってもしかして食事のせいかなっ と疑問に思い始めて
いたときに自分が「ペットの老後を健やかに!」を読んでいた
ものだから目に止まったそうです。

自宅に戻ったらネットで調べますっ!と笑顔で帰宅されました。

スクウィークの血液検査は肝臓の数値が相変わらず悪い事も
あって腎臓と肝臓のお薬を1週間分だけ処方して頂きました。

WBC(炎症、腫瘍性)の数値は下がっておりまして、1週間飲んだ
病院で処方された抗生物質とその後に1週間飲んだ天然の
抗生物質と、両方またはどちらかの効果あったのだと推測されます。

来週病院へ行った時にもう一度血液検査をしていただく予定なので
もし、この時WBCの数値がさらに下がっていたら、天然の抗生物質
がよろしかったということになるのでしょう。

効果がみられないとしても、サプリメントですから長い目で、1ヶ月から
3ヶ月のスパンでお付き合いしてみます。

それから病院に新しいエコーの機械が入ったそうで、エコー検査を
勧められます。(笑)先生も使ってみたいんだよね。きっと(^◇^;

その日担当してくださった先生によって少しでも血液検査の結果が
正常値からはみだしているとお薬を勧められる(無理強いはされませんが)
場合もあるし、獣医さんとのやりとりにも神経を使ったりします。

今日読んだ本に書いてあったこと。
************************************************
前略

あの当時 正しかったことが、年月の経過とともに違った見解に
なったとしてもそれはおかしくはないでしょう。

中略

古い考えを捨て、新しい理論をうけいれることは勇気がいることです。

またまた略

さあ、少しだけ頭を柔らかくして 古い考えを取り除いてください。
************************************************

「二歩先をゆく獣医さん」という本もありました。

自分が10年以上も前に出逢ったホリスティック医療。
あの当時 なにそれ???
だったから、不安も大きかったけれど、幸いにも自分には
それを当たり前のように実践しているアメリカの友人達が居たから。
頑張ってこれたのは彼らの存在がとても大きい。
感謝!感謝!

獣医の資格を持った方ならばより効果的な選択ができるに違いない
のだから。どこの病院でもオーナーの意向で西洋医学とホリスティック
医療とどちらで治療するかを先生と相談して決められるようになって欲しい。

獣医師の本村伸子先生の「犬と猫のナチュラルケアー シリーズ」は
全て購入する事にしました。

スポンサーサイト



| まいにちスクスク | 2008-06-21 | comments:2 | TOP↑

Megさんのように、愛するワンコさんに何が必要で何が必要でないのか?それを勉強しないといけませんね。

それだけ色々な事をお勉強されていたら、医師も気が抜けませんでしょうし。
もちろん無学な飼い主さんだから気を抜くわけではないでしょうけど。

私もアポラッコの為にもっともっと色々な事を知らないといけないな~と思いました。

スクちゃん幸せものっv-392

| ゆっち | 2008/06/22 20:07 | URL | ≫ EDIT

v-286ゆっちさん

今からでも遅くはないですよ。
どんな時でも「遅い」って事は絶対ないですよ。

愛犬のこれからの為に。


| Meg | 2008/06/23 08:44 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数: